軍師流手の書

日々の簡単なゲームのプレイメモです。長い目で見守って頂ければ幸いです。

ゼノブレイド◇プレイ記録その六

 挨拶とはじめに

  こんばんは、流手と申します。

 

 ついに発売日が決まりましたね!

 

 え! 何って?

 それはもちろん、ゼノブレイドですよ!

 

ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション

Xenoblade Definitive Edition|オンラインコード版

Xenoblade Definitive Edition|オンラインコード版

  • 発売日: 2020/05/28
  • メディア: Software Download
 

  商品情報はこちらから

 

 気になる方は是非調べてみてはいかがでしょうか。

 

 それはそうとして、こちらの発売日が5月28日なのですが、たぶんこれはあれですわ。

 

 私、3DS版のクリアがたぶん間に合わな……いえ、頑張って進めていきましょう。

 

  過去の記事はこちら

www.bookofrute.com

www.bookofrute.com

www.bookofrute.com

www.bookofrute.com

www.bookofrute.com

 スポンサーリンク

 

 

 

 冒険再開

 さて、今回は少し寄り道をしまして、テフラ洞窟とマグ・メルド遺跡の探索とユニークモンスターの討伐に出掛けるとしましょうか。

 

 まずは、「採掘のパトリチェフ」から。

 

 前回も見かけたバニーヴ族のユニークモンスターですね。

f:id:raviede75:20200315155410j:plain

 採掘のパトリチェフ

 

 感知は視覚のようです。

 フィールドの狭い隙間に陣取っており、雑魚が近くに数匹いるという状況です。

 

 まず、周囲の雑魚を掃除しまして、リポップするまでの間に突撃するという感じで挑みます。

 

 よーし、いっちょやるぜ!

 

f:id:raviede75:20200318011405j:plain

 討伐完了!

 

f:id:raviede75:20200318011420j:plain

 気になるドロップは……

 

 崩しからの転倒という技もありますし、やはりチームプレイはいいものですね。

 

 一応ドロップ、戦利品も載せておきます。

 これはあれですかね。これの一枠に何%かのレアドロップの枠が入っている感じでしょうか。中には固有グラのものもあったりして。

 

 ちなみに、再び訪れるとまた出現しておりました。

 

f:id:raviede75:20200318011434j:plain

 再び

 

 FF11の時を思いだしますね。

 どんだけNMの張り込みをしたことやら。リポップ毎に抽選対象を刈ったりと……おや、これは抽選と違いましたね。ホッ。

 いずれ避けては通れないようなレア武具を落とすモンスターが現れるんだろうなぁ。

 

 それはそうとして、もう少し安定感が欲しいのでパーティーの見直しをします。

 

f:id:raviede75:20200318011447j:plain

 ステータスです。

 

 シュルクのライトヒールが回復の綱となっていますので、スキルツリーも博愛への変更してみます。少しでも回復を優先させたい。

 

 最初は特に意識しませんでしたが、こういうものは最初にしっかりと確認をしておいたほうがいいですね。

 とはいえ、最初はなかなか勝手もわからず、どれがどうというのを決めるのも難しい。

 

f:id:raviede75:20200318011458j:plain

 マグ・メルド遺跡へ

 

 もう一匹のユニークモンスターである、「穴蔵のバグワム」がなかなか手強い為、一旦諦めて次のマップへと進むことを決めます。

 

 周囲の雑魚を掃除している間に感知されてしまうのです。

 そして、強烈な範囲攻撃を食らい、回復が追い付かずに撤退を繰り返すこと数十回。

 

 序盤だぜ? これ。

 

f:id:raviede75:20200318011511j:plain

 親切なストーリーメモ。

 

 丁寧でいいですよね。ストーリーメモ。

 

 遥か昔、「ワイルドアームズ アルターコードF」というゲームをやっていた時の話ですが、ストーリーの進行で何処へ行っていいかわからずに、ひたすらに苦しい時間を過ごした記憶が残っておりまして……。

 もちろん、話をしっかり聞いていなかった私が悪いとは思うのですが……。

 

 それはさておき、ワイルドアームズのシリーズも非常に楽しめるソフトでしたね。PS2時代のRPGでも代表的な作品シリーズになるのではないでしょうか。

 2000年代のゲームは皆懐かしい。

 

f:id:raviede75:20200318011530j:plain

 狭い通路を進むと……

 

 奥へと進む道中のこと、狭い通路に入ると普通にユニークモンスターが徘徊をしていました。

 

 そいつの名は「壁際のグエンリー」。

 

 そんなに強いという感じでなかったので良かったのですが、そうでもなければ数々の冒険者を苦しめる初見キラーとなっていたことでしょう。

 

f:id:raviede75:20200318011545j:plain

 ドアップ。

 

 リザド族のようです。

 カエルにも見えたんですがね。視覚感知のよう。

 

f:id:raviede75:20200318011612j:plain

  エスト完了!

 

 クエストの対象モンスターでもあったようです。

 食べられそうになった、ってかなり恐ろしいモンスターじゃないですか!

 

f:id:raviede75:20200318011635j:plain

  ドロップの様子。

 

 良い悪いは未だ把握していませんが、珍しく「U」付の装備が含まれていますね。

 

 「S」はスロット有り。

 「U」は固有ジェム有り。

 

 ということで合ってますよね?

 

 ここで一度、出会ったユニークモンスターを並べてみますと、

 

  • 採掘のパトリチェフ Lv08 
  • 壁際のグエンリー Lv09
  • 穴蔵のバグワム Lv10

 

 そうなんです。先ほどから苦戦を強いられている穴蔵のバグワムはレベル10なのです。

 レベル9のグエンリーを楽に倒せていたので、そろそろバグワムもいけるのではと希望が湧いてきます。

 

f:id:raviede75:20200315155337j:plain

 早速、テフラ洞窟に引き返します。

 

 上から様子を伺います。

 相変わらずちびっこを周囲に配置する慎重具合です。

 

 よーし、今度こそ討伐してみせましょう!

 

 まずは周囲をスムーズに掃除しまして……

 

f:id:raviede75:20200318011651j:plain

  Uが見えます。果たして……

 

 何とか討伐は成功しました。

 

 ここに至るまでに、装備変更をしてみたり、レベルを上げてみたりと様々な対策を施したものです。

 

 とりあえず、勝てて良かった。

 これで気持ちよくシナリオを進めることが出来そうです。

 

f:id:raviede75:20200318011704j:plain
 ショートカットが出来るようになりました。


 そうそう、言い忘れておりましたが、移動がショートカット出来るようになりました。

 行ったことのあるポイントが条件となりますが、便利ですね。

 

 まとめ

 今回はシナリオ進行よりもユニークモンスターに関心がいってしまったので、その討伐をすることとなりました。

 結果的にも無事に討伐することが叶ったので、小さな達成感をも得ることが出来ました。

 今後も見かけましたら、積極的にちょっかいを出していきたいと思います。

 

 では、また次回へ!



 スポンサーリンク

 

 

 

 関連商品