軍師流手の書

もう一度、昔のようにゲームを楽しく遊ぶ為のブログ。

何進、南北分断 【三國志14PK】

 こんばんは、流手と申します。

 

 官位の偏りなんですよ。そう、偏り。つまり、自分の管轄の軍団に偏るわけ。それでも良いかと思うのですが、撤退を繰り返す他の軍団をみていますと何となく寂しいわけ。

 結局編成の部分で最大兵数が増えないために、あと一歩活躍の機会を活かせていないことが多いのでしょう。うーん、いかんぞ。

 

 たまにはゆっくりと編成と官位に費やす時間を用意すべき!

 

 ◇No.1はこちら

www.bookofrute.com

 

 ◇前回記事はこちら

www.bookofrute.com

 

 

 

 

プレイ開始

京兆制覇

 

 まずは前回の最後に少しだけ触れていた宛の攻略です。

 

 なかなか侵攻に手こずっていたゾーンになるのですが、ちくちくと軍勢が攻め切ってくれました。地形も……といいますか、武関に良い仕事をされており本気で落とすには些か面倒でして。

 上が落ち着いてからでいいかなと思っていた矢先のことでした。グッジョブ。

 

 

 京兆とは、この宛と長安、そして上庸のエリアのようですね。これによりパルティアとの交易が解禁。今回はどんな良いことがあるのかしら。

 

 

 制圧エリアは宛。何進エリアが太くなってきましたね。次は北海へ。

 

青州制覇

 

 宛はほとんど軍団任せの攻略だったことに対し、その間向かっていたのは北海。

 分断された少ない方だったので救援も乏しく、難なく制圧できました。

 

 これにて青州は制覇となり、衆評の効果が解禁。自動占領が強化されるようですね。5ということは、5マスってことでいいのかな?

 ちなみに、青州とは北海、平原のことらしいです。勉強になりますね。書かないと本当に覚えないの。信長もそうですが、プレイしているだけだと名前は覚えないのです。あの辺り──という感覚が勝つのでしょうね。

 

 

 王道Lv.6へ。

 

 

 安息国よりアーラシュ弓を戴きました。パルティア国だとかなんだとか。歴史に詳しい方は知っているのかな? もしくは、普通に習っているのに忘れてしまっているのか。

 わたしゃパルティアと聞くと、ジョルジュの……ファイアーエムブレムの弓が最初に思い浮かびますね。アーラシュ弓もそうですが、弓が有名として伝わる逸話でも存在するのかもしれませんね。

 

  • 武力+10 撤退確実
  • 価値30

 

 当然ながら強力ですね。誰に与えるべきか。

 

徐州制覇

 

 そして、北海から下り下邳も制圧。

 

 自動占領にハマり、一瞬自軍が孤立する事故もありましたが、なんとか攻略。急ぎ過ぎるとこういう罠に引っ掛かってしまいますね。細い一本道で進んでいると危ない。

 面倒ですが、確実にいくのなら占領班を作っておくほうが良いですね。創造も整備が重要でしたし、やはり万事そういうことなのでしょう。

 

 

 下邳の陥落により、徐州を制圧。小沛、広陵とのエリアになるようですね。

 

 得た技能は工匠。防戦で有利となる効果があるようですね。

 

  • 自勢力拠点の攻撃による被害兵士と耐久の回復量が20%増加する

 

 ギリギリで粘っているときに有難い効果です。

 

次なる目標は……

 

 軍団にいた曹仁を呼寄まして、主力として使っていこうと思っております。防御面も優れており、頼りにできそう。

 

 そして、その曹仁が向かう先には……

 

 

 赤いエリア。

 

 そう、青州を制覇したことにより上半分の黄巾は消滅。ということで、間に入ってくれていた孫堅の役目も終わったということ。同盟でも良かったのですが、やはり彼や、その配下の武将は魅力的ですよね。

 黄巾にやられるくらいなら私が欲しい。

 


 孫堅以外にも、細かい勢力は同盟で拡大を阻止していましたが、今後どうするかが一つのポイントですよね。

 とりあえずは軍勢に侵攻を任せつつ、様子見ですかね。あ、孫堅は倒しちゃうかな。

 

 以上。今回もありがとうございました。

 

 

洛陽炎上 晋陽・平原・濮陽の戦い 【三國志Ⅴ】

 こんばんは、流手と申します。

 

 さて、洛陽炎上シナリオ初級、曹操勢力のプレイ記録です。

 かつて、黄巾シナリオで結構泣かされていた三國志Ⅴ。その苦い記憶が抜け切らず初級でプレイをしているわけなのですが、思いの外悪くないスタートを切ることができました。洛陽炎上シナリオの曹操というのも関係あるのでしょう。

 緊張感溢れ、血湧き肉踊るプレイも悪くはありませんが、たまにはこういう王道なシナリオも楽しいですね。

 

 若い頃は有名どころを使うのは無駄に避けていたりしたしたし。あれは何だったんでしょうね。好きなくせに。

 

 ◇No.1はこちら

www.bookofrute.com

 

 

晋陽攻略戦

 

 さくさく参りましょう!

 

 今回は晋陽へと進出していきます。更に上へ!

 

 

 まだまだ余裕です。晋陽獲得。これでようやく一際目立つ存在となってきたのかしら。

 細かい勢力を押さえて拡大していくぜ!

 

平原の戦い

 

 晋陽からの袁尚は一旦置いておいて、次に向かうは平原の劉備。

 

 まだ勢力の小さい劉備を狙います。後々に強大な勢力となられても困りますし、何よりあわよくば三兄弟が手元に欲しい。

 

 

 弓隊が大活躍。反撃されないのなら数の有利がある以上はじりじりと削っていけるので便利。

 兵数の差が物を言い、天下の三兄弟も本領を発揮することなく退場。こういうのが大事!

 

 

 関羽、張飛は野に下り、劉備のみ加入。

 

 劉備は大将だったので処断せなければならない可能性もあり、若干気落ちしていましたがなんとか一人は獲得。

 後は勝手に加入にきてくれないものか。民忠が炎上しており、とても探索に回す巻物がないんですよ。……まあ、ここは失敗したかもしれない。

 

 ──名声がね、もう手遅れですわ。

 

 ここ間に晋陽が袁尚に攻め入られ、撤収。

 

濮陽の戦い

 

 名声はもういい。開発も民忠がとりあえず落ち着くまでは良い、と良くないオーラを放ちつつも曹操は往く。

 道を開けよ! さもなくば、斬る!

 

 ということで、濮陽へ。

 

 

 制圧完了。

 

 二年ほど経過したのかしら。ようやく他国も動き始めておりまして、特に孫堅が活躍しているようですね。右下の真っ赤なゾーンです。

 一見勢いはありますが、おそらく兵の補充に苦労していることが予想されますよね。初級ですから、兵の増加が緩やかなはず。

 

 

 ということで、エリアとしてはこの様な感じ。

 

 孫堅に手を出したところで武将不足となる未来も見えますので、一旦避けて北の袁尚を目指そうかなと思います。多少やられているところもありますし。

 ……予定ですけれど。

 

 ということで、以上!

 お付き合い頂き、ありがとうございました。

 

 14PKも面白いですよ!

洛陽炎上 出陣、譙・鄴へ 【三國志Ⅴ】

 こんばんは、流手と申します。

 

 さて、三國志14PKを進めている途中なのですが、今回は三國志Ⅴのほうを進めていきたいと思います。というのも、三國志Ⅴはスマホで遊べるためにお手軽なんですね。

 小まめにプレイできることがメリットだとは思うものの、実際は一度始めてしまうとなかなか直ぐに終了とはいきませんよね。今後の先行きが怪しい時なんて特に。

 

 ◇三國志14PKはこちら

www.bookofrute.com

 

 スマホといえば、武将風雲録も気になるなぁ……。放置してるなぁ。

 

 

プレイ開始

 

 それでは早速確認しておきましょう。

 

 プレイしていくシナリオは洛陽炎上。189年と三國志としては早い時期のシナリオですね。184年に勃発した黄巾の乱の次のシナリオとなっております。毎度黄巾ばかりも……ですよね。

 選んだ勢力は曹操。とりあえず、慣れるまでは変な気を起こさずにクリアまで頑張ってみようといったところです。

 

譙攻略

 

 えー、まずは開始と同時に譙へ侵攻。これは最初からそれなりに強力な武将を抱えている勢力の特権ですよね。私は好きなのですが、立ち上がりとしてはどうなのか。

 他所が拡大するよりも先に動いておくのは、資源的にも良いのではないでしょうか。

 

 ということで、孔伷を標的とします。先に鄴へ行くことも考えたのですが、初戦はなるべく余力を残せそうなところで。一つずつ進めていきましょう。

 

 

 思惑通り譙を制圧。

 

 やはり撤退等も視野に入れると都市が一つでは心許ない。そういう意味では幸先の良いスタートとなった気がします。いいぞ。

 

鄴攻略

 

 続いて向かうは先ほど迷っていた鄴へ。

 

 戦力的にはまずまずの総力戦となりそうですが……初期の戦力差を思うと我が軍が有利。おそらく、これは大丈夫でしょう。

 三國志のあるあるで、武力が高過ぎる武将を崩せないパターンがあるのですが……やはり今回は大丈夫でしょう。いける気がする。

 

 

 思惑通り城を陥落という形で終戦。

 

 韓馥軍のことはあまり知らなかったので、豪傑に粘られたらマズいなーとは考えたのですが、なんとか後続が本領を発揮するまでに制圧することができました。

 この制圧スタイルは今後も活用することになりそうです。

 

 

 ということで、今回はここまで。

 

 初期配置の陳留、そして制圧した譙と鄴、加えて許昌に兵を送り、合計四つの都市を領地としました。

 余談ですが、訪れた典韋には敗れてしまったのでその後行方不明。うーん、無念。

 

 何となく悪政のほうが楽なのかなと思うような内政システムに感じますが、なるべく略奪と放火はしないように頑張りたい。……しかし、民忠が手強そうな。

 

 以上、また次回へ。

 お付き合い頂き、ありがとうございました。

 

 

エンゲージの日 2022年8月 【機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE】

 こんばんは、流手と申します。

 

 ここしばらくはこちらのアプリのほうは停滞しておりまして、バトルラッシュを細々と進めているところ。レベルの上限も少しずつ上がっているのでのんびりしているわけにもいかないところですが、ちょっと休憩といった現状です。

 いやー、色々とありますよね。とりあえず、少し遅れてしまいましたが今月のエンゲージの日の報告をしたいと思います。

 

 ちなみに、レイドバトルもお疲れ様でした。記事にはしておりませんが、半分くらいは実績を達成していたと思います。今回はちょっと勢いが維持できなかったなあ。

 

 

 

エンゲージの日

ガシャ

 

 さて、それでは早速結果の確認へ参りましょう。

 

 過去しばらくは連続で外していたような気がしますね。そう、最近はちょっとガシャ運が良くない気がしているわけ。

 ここらで一回挽回しておきたいっつーの。そういうことー。

 

 

 なんて言っていましたら、いやー、出ましたね。

 

 

 ドンッ!

 

 フルアーマー・ガンダム (サンダーボルト版)

 

 サンダーボルトはTSUTAYAで一話借りたくらいしかわかりませんが、っていうか、TSUTAYAでレンタルしてたって何年前なの。ともかく、それくらいしかわかりませんが、それでも嬉しい。そこそこアリーナで見掛けますよね?

 

 ジャズが聞こえたら、俺が来た合図だ……。

 

 続きが気になるっちゃ、なるなぁ。

 

報酬

 

 それから、今回の配布はUR機でしたね。

 

 フルアーマー・エンゲージガンダム Aプラン。おや、フルアーマー繋がりですか。縁があって宜しいんじゃあありませんか。……いや、逆に皆フルアーマー・ガンダムが排出される仕様……? 

 まさか、それはあるめぇ。

 

バトルラッシュ

 

 そして、バトルラッシュは可もなく不可もなくいったところ。

 

 相変わらずEXTRAで減速、そして、目に見えてジ・Oに翻弄されております。

 敵が多いときにジ・Oがいますと本当に面倒。期間はまだあるのでおそらくはなんとかなるのではないかと思っておりますが、まだまだ油断ならぬ状況です。

 

 という感じの近況でした。マスターバトルはバトルラッシュが落ち着いてから頑張ろうかしら。

 

 以上。

 お付き合い頂き、ありがとうございました。

 

何進、中原炎上 【三國志14PK】

 こんばんは、流手と申します。

 

 何進軍とはいうものの、なかなか登場する機会の少ない彼。何進。ちょっとマニアックですよね。有名だけど……ちょっと玄人向け過ぎないか。

 知力はないに等しいですし、武力、統率、政治もお粗末。それでいて魅力だけはそこそこあるという。

 

 ……そこはかとなく縛りプレイとかで好まれそうな。

 

 ◇No.1はこちら

www.bookofrute.com

 

 ◇前回記事はこちら

www.bookofrute.com

 

 

プレイ開始

中原侵攻

 

 さて、前回は鄴を制圧したので、今回はその隣へ。つまり、平原ですね。

 

 皇甫嵩を中心として攻めていきます。この辺りは手薄なようで、苦もなく落とせそう。鄴へ侵攻した際にだいぶ兵力を割いてしまったのでしょうね。リカバリーが甘い。

 こちらとしては分散されたところを各個撃破できたので助かりました。やはりね、鄴に比べ、中原はやや難しいところにありますよね。

 

 して、皇甫嵩の五火の変ですが、何でもPKで追加された戦法らしいのですね。固有戦法を持っていなかったのだとしたら驚きです。どうだったのでしょうか。

 噂によると結構頑張っていた人だったとは思うのですが……中々時代がね、難しい時期だったのかもしれませんね。

 

 しかし、発火系は敵に回したくはない。

 

加入猛者

 

 楽進が加入。

 

 張遼や李典も手元に欲しくなりますね。固有の戦法は……ないのかしら。この辺りは寿命が長いのも良い。60代まで居てくれるのは頼りになりますね。

 

 

 徐晃が加入。

 

 こちらも名将。名の知れた人物ですよね。魏の武将。

 余談ですが、三國無双の影響でどうにも白い頭巾のイメージが抜けきらず違和感はありますね。そう、三国志自体は初めてでもないのですが、私の頭の基本的なベースビジュアルは無双のほうにあるようです。

 私にとって三國無双2が三国志の原点かな。最初というだけであれば、横山三國志がそうなるのですけれども。

 

 

 ちなみに、このセットは今でも書斎に置いています。ほとんど読み返すことはありませんが。

 

 

 郭嘉加入。

 

 郭嘉といえば、曹操の軍師。天才だったらしいですね 。しかし、彼は短命だった印象はありますが……? さて、どうでしょうか。

 切れ者っぽい貫禄は十分。今回も存分に活躍していただきましょう。

 

勢力図

 

 勢力図は少し変化あり。平原ですね。鄴の隣。

 

 こうして見ると未だ圧倒的な勢力範囲を誇る張角ですが、当初の思惑通りに南北との戦いへと持ち込めた感じはありますね。本来はもう少し他の軍にも頑張ってほしかった。

 上のエリアは後々制圧してしまおうと思いますが、なるべく体制が整うまでは同盟で邪魔をされないように引っ込んでいてもらうつもりです。あまり戦力を分散したくはありませんし。 

 

 

 次回は宛へ。

 

 軍団が良い働きをしてくれているようなのでしばらくは任せておきましょうか。

 

 それでは今回はこの辺りで。お付き合い頂き、ありがとうございました。

 

 

何進、鄴奔天水走 【三國志14PK】

 こんばんは、流手と申します。

 

 はい、鄴奔天水走改め、東奔西走の何進編No.4です。もう大体表題でわかりますよね。しかし、語呂の悪いこと。

 ということで、今回は西へ東へ大忙しです。

 

 ◇No.1はこちら

www.bookofrute.com

 

 ◇前回の記事はこちら

www.bookofrute.com

 

 

プレイ開始

 

 交易の成果が実り、レギオンを修得。

 

 戦法の発動までの時間を短縮とのことですが、そもそもどのくらいでリキャストなのかを把握していないので、単に早くなるのねというようなそんな感じ。

 すまんね、大秦国。折角の技術も何とも伝え甲斐のない。しかし、有り難く受け取っておくぜ。

 

 それでは進軍していきましょう。

 

 

 久し振りの袁家威光が発動。後ろは……袁術かな? 違うな、嫌悪のほうでしたね。誰かわかりませんが、縁のある人物なのでしょう。

 

 ……ただ袁紹先生、使いにくいっすね。

 傲慢の効果だったか、一定数兵士が減ると自軍のステータスが下がっちゃうんですよね。本来は上で見ている人ということでしょうか。前線はないなあ。

 しかし、内政は良いですね。基本的にマス埋めをさせておいて、攻城の際にふらふらっとという感じでいきましょう。兵器をもたせたい。

 

 前言撤回。使いにくくはないのかしら。後から兵器持って出陣させましょう。

 

 そんなこんなで、主に自分で操作している軍団1が鄴の奪還に勤しんでいる間に他の軍団で動きが。

 

天水攻略

 

 何やら騒がしいなとは思っていたのですが、任せていた部隊が天水を落としてくれたようです。

 ……なんちゃって、まあ、ちゃっかり後押し部隊は派遣しておりました。

 

 これにより董卓軍は滅亡。お疲れ様。

 

 

 捕虜には李儒の姿も。

 

 基本的には登用していくスタイルです。人が少ないと内政が止まってしまいますし。それにしても李儒の表情ですわ。悪い顔しとるなー。

 

 これで馬謄も大人しくなるでしょう。軍団に指示は任せて引き続き鄴に集中します。

 このエリアは拡大せずとも防衛していてくれればそれで良し。

 

 

 董卓も加入。

 

 ──絶対裏切るやろなあ……。

 

鄴攻略

 

 攻略……というか、天水とタッチの差で鄴を奪還。袁紹ですね、先ほどの袁家威光を発していた辺りで鄴に迫っていました。

 

 まさかの早々に張角を捕虜にできるとは思いませんでしたが、ここは逃がしてやります。処断しても良かったのですが、そこまでぎりぎりでもありませんし。

 物騒なのはいけませんよね。何度でも受けてやりましょう。

 

 

 ということで、今回は天水と鄴を制圧しました。


 まだ空白のエリアがありますので、しばらくは黄巾の勢力が拡大するんじゃないかなと思われますが、落ち着くまでは身近なところから順番に対抗していきましょう。

 黄巾は実質分断されているんですね。当面はこのまま孫堅を守っていきたい。

 

 以上。また次回へ。

 

何進、兗州奔走 【三國志14PK】

 こんばんは、流手と申します。

 

 今回もやっていきましょう。黄巾の乱シナリオ、何進勢力。No.3です。

 

 ◇No.1はこちら

www.bookofrute.com

 

 ◇前回記事はこちら

www.bookofrute.com

 

 

 

プレイ開始

現状

 

 さて、前回のお復習。

 

 許昌を獲得すべく進軍する何進軍でしたが、その影で鄴を奪われました。何とか許昌は攻略し、痛み分けとはいいつつも、結果として太い勢力分布を築かれてしまうことに。

 しかし、鄴は別にいいんですよ。そりゃそのうち取り返しますが、周囲は一応牽制くらいはしてくれるでしょうし。もうこのエリアで破竹の勢いはないでしょう。

 

 ということで、漁夫の利により他国が拡大してしまうことも避けたいので、鄴は放置。切り替えて濮陽へと向かうことにします。

 

濮陽へ

 

 典韋が頼もしいです。見てください、この武力。その数値はなんと、驚愕の97!

 

 太史慈が黄巾の切り込み隊長として向かってくるのを一騎討ちにて撃破──

 

 ──はできず敗北。

 

 おいおいー、頼むぜー。

 負傷したかは覚えておりませんが、何となくしていたような気もします。とんだ切り込み隊長がいたもんだ。

 

 

 一騎討ちこそ敗れましたが勝敗は別。ほどなくして濮陽を制圧。

 本当にあれはなんだったのでしょう。夢かな。……幻かな。

 

 そう、一騎討ちなんて……なかった

 

 

 濮陽の制圧にて、兗州を制覇を達成。

 

小沛へ

 

 そこから更に小沛へと進撃。

 

 この時点で黄巾の兵士の数はこちらの倍。対し、金はこちらより少な目。兵糧は流石に潤沢なようですが、現役は領土19に現役97だと、平均5人と少ない。こりゃ商業の発展の優先順位は低いのでしょうね。

 全く、兵士ばっかり集めとるで! こいつ。

 

 

 戦法、魏武の強。

 

 実は長らく曹操を交易に出航させてしまっていたので、この場面からようやく参戦。

 ちなみに、効果は近隣の味方の全能力アップ、近隣の敵の全能力ダウン。

 

 うーん、勿体ない。もっと早くに参戦させるべきでした。

 

 

 そのまま小沛を落としたところで今回は終了。

 

 うーん、黄巾のほうは金も兵糧も兵士も拡大していますね。もっと停滞しているものかと思っていましたが、まだまだ発展途上のようです。とはいえ、我が軍も大きくなっておりますのでまだまだ問題はないでしょう。

 このまま孫堅と共に南北を分断まで持っていきたいとも思いますが、先に鄴を奪還しておくのも良さそうですね。南への牽制、進行は軍団に任せましょうか。

 

 以上!