軍師流手の書

日々の簡単なゲームのプレイメモです。長い目で見守って頂ければ幸いです。

うたわれLF◇紅白奉納試合 その二 【2020年9月開催】

【目次】

 

挨拶とはじめに

 こんばんは、流手と申します。

 

 久しぶりのうたわれるものの時間です。ご無沙汰しておりました。

 熱心にプレイをしていたというわけではないのですが、とりあえずイベントのポイント交換は頑張ってみようと少しずつは続けておりました。次のイベントではまた何か楽しみがあるかもしれませんしね。

 特効系を交換した後に縁結び関係の交換が済みましたので、今回はそちらの報告でもといったところです。

 それにしても、最近めっきり踏破出来ておらんのよー。本当もうー。あー、あー。

 

過去の記事はこちら

www.bookofrute.com

 

 

 

近況

縁結関係

f:id:raviede75:20200922194144p:plain まずはこちら

 ちょくちょくあるようになったイベント『天命縁結び』。今回はキウルが貰えるようです。

 しかし……立ち絵を見る限りでは……どうみても娘にしか見えん。

 後々強化して砲台として活躍してもらいましょうか。

 

 続いて更なるイベント特効を狙って10連で縁結びをやってしまいます。

f:id:raviede75:20200922194219p:plain ピカッと光って虹色の糸が伸び……

f:id:raviede75:20200922194226p:plain 繋がる先で待ち構えていたのは……

f:id:raviede75:20200922194230p:plain おおっ! これは嬉しいぞ。なんと、ムネチカさんではありませんか!

 たぶん人気あるで、彼女は。

 当時はあまり考えたことはなかったのですが、結構髪型がお洒落さん。いつか強化してメンバーに入れたい、かな?

 

強化関連

 続いて強化関連。といってもやることは明朗快活。主力の一人を仕上げることのみ。ということで、カルラを強化していきましょう。

f:id:raviede75:20200922194350p:plain まずは契約を10にします。これでマックス。

 

f:id:raviede75:20200922194405p:plain 続いて行うは覚醒。

 こちらもこれでマックス。多少無理したような気もしなくもないですが、まぁいいでしょう! 思いきって仕上げておくのも悪くないはず。

 初期からお世話になっているユニットですし、大事にしていきましょ!

 

まとめ

 今回の報告はこんなところでしょうか。後はイベント期間中にステージクリア出来るように頑張ることのみ。

 

f:id:raviede75:20200922194629p:plain 戦績は27,450pt

 

 ということで、今回の報告をまとめますと、

 

  1. キウルが取れた
  2. ムネチカが取れた
  3. カルラが強化された
  4. ステージ攻略は捗っていない

 

 大体こんな感じ。

 まだ一週間あるし、何かまだ進展はあるかもしれないですよい。

 

 

 

関連商品

 

Niche◇プレイ記録 その二 【誕生】

【目次】

 

挨拶とはじめに

 こんばんは、流手と申します。

 

 先日に引き続き『Niche』をプレイしていきたいと思います。

 前回サクッと絶滅してしまったせいか、1プレイが非常に短くなってしまいました。これでは流石に物足りない。言うなれば、100円のアーケードで1プレイ終了したところのような感覚。

 今回のプレイでは前回の反省を活かし、積極的に散策に出掛けるようにしたい。

 ということで、今回の目標は仲間を見つけること。

 

前回の記事はこちら

www.bookofrute.com

 

 

 

プレイ開始

f:id:raviede75:20200920001609j:plain さて、今回のプレイでは前回の失敗から学んだように序盤から積極的に散策に出掛けます。現状では食糧もすぐには枯渇することはなさそう。

 勝手がわからないので、とりあえずは急ぎ次の島へと向かうことに。

 

f:id:raviede75:20200920001612j:plain おや?

 二つ目の島にて、草むらの中から似たようなシルエットを発見。

 

f:id:raviede75:20200920001618j:plain なになに?

 あなたが見つけた♀の動物をイヴと呼ぶことにする。アダムとイヴはお互い好いているようだ。家族を始めましょう。(適当)

 無事にパートナーを見つけることが出来ました。これで子孫を汚していけるかもしれない。

 

f:id:raviede75:20200920001623j:plain 巣のようなマスに留まり、ハートマークでアピールをすると一ターン後には……

 子供が誕生!

 なるほど、これは素晴らしい。

 

f:id:raviede75:20200920001626j:plain ステータス的な意味はまだわかりませんが、ひとまずは次世代へと繋ぐことが出来たわけです。

 なんだったかな、あれを思い出しますね。『俺の屍を越えていけ』でしたっけ? そんな感じのタイトルのやつ。寿命があるというのもゲームとしては悪くない。

 

f:id:raviede75:20200920001648j:plain などと考えている間に第二子も誕生。

 楽しいが、やはりステータスはわけわからず。とりあえず問題が起きるまでは気にせずいくか。

 

f:id:raviede75:20200920001652j:plain 家系図的なものもありました。

 ゲノム的なものが見えますが、全然わからん。というか、わからなさすぎて考える気にならず。やっべー、全然やぞ。

 右のアイコンは多分フィールドアイコンで使えるものですよね。×はコマンド使用不可といったところでしょうか。ただ、なんとなくでしかわからず。

 

f:id:raviede75:20200920001653j:plain 島をワープしたところで、絶滅

 ……ゲームオーバー。

 

まとめ

 島を移動すると家族も付いてくるものだと思っておりましたが、そうでもなく一人になり寿命にて絶滅。

 きっと何か書いてあったのでしょうが、頑張って読む気にならずで終了。前途多難也。

 

 今回の絶滅の原因。

 

  1. 高齢者の単独移動。

 

 これは、島移動の意図を理解するまで苦労しそうです。

 疫病関係が流行した場合の脱出ルート的な感じかと予想してみることにしましょうか。そもそも、基本はその島に留まる方が良いのか。うーむ。

 

 

 

関連商品

俺の屍を越えてゆけ2 - PSVita

俺の屍を越えてゆけ2 - PSVita

  • 発売日: 2014/07/17
  • メディア: Video Game
 

 

Niche◇プレイ記録 その一 【プレイ開始】

f:id:raviede75:20200920000749j:plain

【目次】

 

挨拶とはじめに

 こんばんは、流手と申します。

 

 えー、数ヶ月ぶりにゲームを購入しました。プレイ出来ていませんが、『Xenoblade』以来でしょうか。

 

www.bookofrute.com

  この様なリストを作成し、色々と楽しみに過ごしていたものの、結局購入したのは……

『Niche』。

 ええ、リストにないソフトです。ニッチ? 適所?

 

 何だかブラブラーっとソフトをストアをさ迷っていたところ、面白そうなものを発見してしまったわけです。丁度セールをしていましたので、早速購入。

 

 簡単にまとめてみますと、現地の環境に順応して、絶滅しないように子孫を残していくゲームというようなイメージ。いえ、種の存続と繁栄がテーマか。

 というのも、

f:id:raviede75:20200920000757j:plain オープニングではアダム(主人公らしき獣)達が生息している場所に大きな鳥が舞い降ります。その大鳥はアダムを捕まえてどこかへ飛んでいくのです。

f:id:raviede75:20200920000803j:plain 途中、大鳥の手から逃れたアダムですが、そこは見知らぬ大地であった。

 

 という導入の具合。この見知らぬ大地での生活をしていく為には環境に適合していくしかない! という感じでしょうか。どうでしょう? わくわくしませんか?

 

プレイ開

f:id:raviede75:20200920000812j:plain 早速プレイを開始してみます。

 僕らが大好きなマス目がありますね。勝ったな。

 

f:id:raviede75:20200920000821j:plain そこで気付く。

 説明が英語やないか!

 

 まぁ、待て待て。一回やってみるか。説明などなくてもいけるはず。だっていつもチュートリアルは飛ばす派だもの。日本語で読まないものを、英語で飛ばしたからといって支障がでるとは思えぬぞ。

 

f:id:raviede75:20200920000833j:plain とりあえず最初に気が付いたのは、木の実みたいなマーク。

 なるほど。これが尽きれば空腹で死ぬな。

 すぐにピンときたわけ。あぁ、なんか大丈夫そう、と。要はここを拠点に食糧十分に確保してから散策にいけばいいわけね。読めた。

 

f:id:raviede75:20200920000948j:plain 一切意味がわかりませんが、遺伝子的な図も。追々分かれば良いかなという感じでスルーします。

 

f:id:raviede75:20200920000954j:plain それでは、木の実集めを始めましょう。備えあれば憂いなし。

 途中で飢える事態は避けたいものです。慎重に集めます。

 

f:id:raviede75:20200920001002j:plain おや? 少し大きくなりましたね。さすがにそろそろ散策をしなければ。

 

f:id:raviede75:20200920001007j:plain ボチボチと散策を開始。

 敵が出てくるのか、はたまた遺跡でも出てくるのか。集落があるのかもという期待もあり。お花畑らしきものを発見。が、結局ベースに引き返します。

 

f:id:raviede75:20200920001014j:plain しばらくしてから、更なる島へとようやく移動。

 

f:id:raviede75:20200920001019j:plain そこでゲームオーバー。

 あ、コロッと死んじゃった。なんで?

 

 ……あぁ、寿命ね。そうね。

 

まとめ

 なるほど。こうなった原因は二つある。

 

  1. 食糧確保に気を取られ、散策を始めるのが遅かった。
  2. 一行動を終えると一つ歳を取ることに気が付いていなかった。

 

 たぶん、開発側も予期せぬハイスピードでゲームオーバーとなってしまったのではないだろうか。

 

 まぁ、オチとしましては、私の言語に対する『適応』が悪かったというところ。やはり、普段は知らずに情報を得ている部分も多くあるということなのでしょう。

 ともあれ、面白そうなゲームではないでしょうか。日本語パッチがあれば導入したいところですが、Switchでそんなのあるの? ええい、このままやってやるけどなー。

 

 この記事をみて、一人でも楽しそうだと感じてくれる人がいれば良いなと切に思う。

 

 

信長の野望創造PK◇家督相続 南部家 その六 ~稗貫家~

【目次】

 

挨拶とはじめに

 こんばんは、流手と申します。

 

 つい先ほどまで寝すぎてしまったので、よくわからぬ静かに落ち着いた心で書いております。集中しているようで頭が回っていない。そんな感じ。

 

過去の記事はこちら

www.bookofrute.com

www.bookofrute.com

 

 

 

プレイ開始

独鈷城

f:id:raviede75:20200913235522j:plain

 早速落とすは独鈷城。やたら難しい読みですが、『とっこじょう』と読むそう。現在は『十狐城』と書くそうです。秋田県の城ですね。

 安東家ということでよかったのでしょうか。ちょっと見逃すとよくわからなくなる体たらく。

f:id:raviede75:20200913235523j:plain

 安東っぽいかなぁ……。なんとなく花輪親行という名に覚えがある。

 いつかのシリーズでなんだか結構ひどいことを言われていたような……。勘違いかもしれないが。

 ちなみに、浅利氏の城と書いてあるのを見かけたが、今回の中にはいない模様。年代が違うのか、はたまた浅利氏が滅亡していたのか。

 

f:id:raviede75:20200913235526j:plain 姫武将はいてくれると助かります。

 

 檜山城

f:id:raviede75:20200913235530j:plain

 檜山城

 なんと秋田では『檜山安東氏城館跡』として、有名な観光場所であるとのこと。檜山城跡と、その近くにある大館跡、茶臼館跡、国清寺跡とあわせて、国の史跡に指定されているとのことらしい。

 

花巻城

f:id:raviede75:20200913235532j:plain 細い道からグイグイと挟むように攻めていきます。攻めやすい地形になるのでしょうね。

 

f:id:raviede75:20200913235537j:plain 戦国伝『灰吹法を導入せよ』発生。

 収入が増えるそうですので、これはしっかりと早めのクリアを目指しておくべきでしょう。

 

f:id:raviede75:20200913235609j:plain 花巻城

 こちらは岩手。南部家にも所縁のある城のようです。もちろん、稗貫家にも。

 

 して、花巻城とは、

花巻城(はなまきじょう)は、岩手県花巻市花城町に所在した日本の城。花巻市指定史跡[1]。古くは鳥谷ヶ崎城(とやがさきじょう)と呼ばれた。

盛岡藩の花巻郡代歴代の居城であり、関ヶ原の戦いの際にこの城で行われた花巻城の夜討ちは地元民や岩手県民の語り草となっている。

  Wikipediaより

 

  これはかなり有名なお城ということですよ。関ヶ原の戦いといえば、名前くらいであれば誰しもが知っている戦いなわけです。ほほん、『花巻城の夜討ち』ね。

 

花巻城の夜討ち(はなまきじょうのようち)とは、慶長5年(1600年)9月20日陸奥国稗貫郡の花巻城で戦われた戦い(夜戦)。岩崎一揆における最初の戦いで、花巻城における盛岡藩のその後を左右した一戦である。

  Wikipediaより

 

 きっと有名な夜戦であると窺えます。

 

f:id:raviede75:20200913235613j:plain それにしても所属武将が少ない。

 やはり勢力としては武将の数も影響されるので、一度大量の流入が欲しいなとも感じてしまいます。となれば、やはり滅ぼすしかない。

 

滅亡

f:id:raviede75:20200913235701j:plain 安芸家

f:id:raviede75:20200913235704j:plain 稗貫家

 

 はい、それでは今回も滅亡国が出ましたよー!

 

  1. 安芸家
  2. 稗貫家

 

 少し落ち着いてきたというよりは、領土の少ない大名が減って来たということでしょう。まだまだ荒れるで。

 

まとめ

 リアルタイムから少しずれると、どこと戦っていたのかが非常に曖昧になってしまっております。申し訳ない。安東と戦っていたのか、稗貫と戦っていたのか。もしくは同時に戦っていたものか。

f:id:raviede75:20200913235615j:plain 全域を見てみるとこんな状況になっております。

 北条がやや頭一つ出てきている感じでしょうか。近いぞ、西へ向かってくれよー。

 

f:id:raviede75:20200913235624j:plain 北のほうはほぼ押さえてきたようです。

 さぁさぁ、南へいきましょうかね!

 

 

 

関連商品

ねこねこ日本史でよくわかる 日本のお城

ねこねこ日本史でよくわかる 日本のお城

  • 発売日: 2019/03/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
北海道・東北編

北海道・東北編

  • メディア: Prime Video
 

 

FEH◇新英雄召喚 その一【絶望そして希望】

【目次】

 

挨拶とはじめに

 こんばんは、流手と申します。

 

 さて、今月も新英雄召喚がやってきました。出典は蒼炎の軌跡。蒼炎も一際人気が高いシリーズですよね! ええ、私の周りでもこの作品をプレイしている人はおりましたとも!

 しかし、気掛かりなことも忘れてはなりません。前回イベント『どうか夢のままで』にて、キュアンとエスリンが未だ獲得出来ていないということ。由々しき事態です。事件です。

 う、うーん。というのも、実はジルが欲しい。イレースも。シノンとガトリーはまぁ……出たらそら嬉しいですが、8章くらいで離脱するんでしょ? 『ティアリングサーガ』のせいで離脱には厳しいぞ、私は。

 

 そういえば、なんとか最終日にて戦渦の練戦を終えることが出来ました。

f:id:raviede75:20200918123517j:plain

 オート戦闘なわけですが、なかなかギリギリでした。

 6万人くらいは完走しているのだと思うと、なかなか素晴らしい。

 

f:id:raviede75:20200918170525j:plain ついでにこちらも。

 もちろん、ギリギリのタイミングでの滑りこみ。

 

 とりあえず、色々ありますが、今回は新英雄をちょこっと召喚することにしておきましょうか。

 

過去の召喚はこちら

www.bookofrute.com

www.bookofrute.com

www.bookofrute.com

 

 

 

絶望そして希望

概要

  さて、まずはお知らせからです。

f:id:raviede75:20200918171031j:plain イベントの開幕です。

 

 気になるピックアップを確認してみますと、f:id:raviede75:20200918171040j:plain

 はい! このようになっているようです。

 ☆4からのピックアップはなんとイレース! こりゃ有難いぞ。てっきりガトリーでも来るものだと思っておりました。

 

英雄召喚

 はい、それではさくさくッと英雄召喚へと参りましょう。ここで長く話すは無粋。結果で語りましょうぞ。

 

一周目

f:id:raviede75:20200918174905j:plain 無料は緑を引いてムスタファさん。

 あいつぅ、どうもシルエットが大袈裟な為に、一瞬どきがムネっとするんですよね。サブリガ愛好家め。やってくれたなー。

 

二周目

f:id:raviede75:20200918174909j:plain

 ピックアップのない赤はスルーの方向でいきます。

 ☆3のオンパレード。ティルテュは神装こないかしら。でも、その前にアゼルが先か。

 

三周目 

f:id:raviede75:20200918174919j:plain なんとなく青のみ。

 

四周目

f:id:raviede75:20200918174921j:plain 一つくらい大丈夫でしょうと甘く考えていた自分に言いたい。

 

 その油断が命取りになると、何故わからないのか!

 

 と。

 

まとめ

 久しぶりの全滅。

 早く家に帰って素麺でも食べたい。

 

 

 

関連商品

 

武将風雲録◇戦国の動乱 三好編 その二十二 〜温湯城強襲〜

【目次】 

 

挨拶とはじめに

 こんばんは、流手と申します。

 

 前回は毛利を置き去りにし、今川と共に新たに織田へと手を出しました。結果は撤退することとなりましたが、そこそこのダメージは与えるに至ったと考えています。毛利も少し寂しかったのではないでしょうか。

 それを踏まえ、今後は毛利を追い詰めつつも、隙あらば織田へと攻め入るのもありかとの方針で動くつもりで考えております。。他にも足利あたりもそろそろ頃合いかもしれませんが、複数同時侵攻する甲斐性があるかで悩みどころ。

 なんにせよ、まずは伊勢への補強を始めていきたい。……あ、対毛利も。

 

過去の記事はこちら

www.bookofrute.com

www.bookofrute.com

www.bookofrute.com

 

 

 

各地の情勢

f:id:raviede75:20200907100008p:plain

 さて、各地をみていきましょう。

 下野国の宇都宮家が相馬領へ攻め入りるようです。領地は共に一国。存亡を賭けた戦いが行われるかのよう。

 どちらが勝っても消耗すれば共倒れも十分に考えられそうな危うい争いが予想されます。どっちでもいいけど。

 

f:id:raviede75:20200907100043p:plain

 相馬防衛ならず。

 宇都宮勝利により、相馬家滅亡。

 

 しかし、こうしてみると、三好領は細々とした地形が多いですね。武田領のざっくり感もなかなか。面積的には良いバランスですが、九州は島津が統一しそう。

 我が三好としては、武田の拡大を気にすべきなのでしょうか。

 

f:id:raviede75:20200907100050p:plain

  お疲れ様でした。

 

石見国攻略戦

f:id:raviede75:20200907100246p:plain

 ようやく毛利領へ向かう準備が整いました。石見国へ出陣しましょう!

 情報が欠けていますが、直近までは見えていたので問題なし。

 

f:id:raviede75:20200907100249p:plain

 こちらの総大将は歴戦の猛者である長宗我部元親。頼むぜー。

 対して、敵は小早川隆景が籠城にて迎え撃ってくるようです。

 

 籠城戦の巧い攻め方とはどういった感じなのでしょうか。塀を乗り越えていくスタイルがいいのか、やはり城門をぶち破りながら進むのがいいのか。

 今までを振り返ると、敵はさっさと弓構えで離れた距離からチクチクと削ってきます。無論、勝てないわけではないのですが、被害が増えるわけですよね。

 戦術で何かあるの? 壁登り? あぁ、兵器ね。そうね。

 

f:id:raviede75:20200907100254p:plain

 とりあえず、ごり押しで落城させます。まぁ、勝てないわけではないのです。数に物を言わせている感が出るのが凄く気になるの。物事はエレガントに

 

f:id:raviede75:20200907100301p:plain

  弓構えがやっかいやのー! と叫びつつも、気が付けば、

 

 毛利軍、敗れたりッ

 

 と叫んでいました。また一つ天下へと歩を進めてしまったようです。毛利も後二つ。

 

 天を見よ 見えるはずだ あの死兆星が!

 

まとめ

 隣接する足利の外交を眺めていますと、特にややこしい同盟等は無さそうでした。上杉との同盟はあるものの、離れておりますし。

f:id:raviede75:20200907100327p:plain

 救援からごだごだっとされることもなさそうです。これなら……二度で落とせるか?

 気持ち的には、手負いの織田→毛利→足利である。

 今川がもたもたと織田を仕留めに掛からないので、横から入ってしまいたい気持ちが沸々としてきました。だって織田の武将が欲しいじゃない?

 

f:id:raviede75:20200907100335p:plain

 そんな中、大和国でも文化が花開きました。

 そういえば、貢物コマンドは使って来なかったなぁ。

 

 では、また次回へ。

 

 

 

関連商品

武将風雲録◇戦国の動乱 三好編 その二十一 〜三好・今川連合軍〜

【目次】

 

挨拶とはじめに

 こんばんは、流手と申します。

 

 ここしばらく『創造PK』に現を抜かしておりますが、この『武将風雲録』もしっかりと進めていきたいと思います。

 

 南部編はこちらから。www.bookofrute.com

 

 ここしばらく続いている毛利との戦いも、なかなか大きく動くようなこともなく、兵士の確保やら資金の確保は一筋縄ではいかぬものだと痛感しているところです。とてもじゃないですが、鉄砲に回す資金に余裕などありそうもない。隠密の情報からは毛利も似たようなものなのでしょう。

 委任軍団から定期的に輸送していくのが正しい形なのでしょうか。この辺りは未だわからぬものです。そもそも、同盟が信用出来ないので安全圏からも兵を離せないのです。

 こうなったのも、すべて毛利のせい。

 

過去の記事はこちら

www.bookofrute.com

www.bookofrute.com

www.bookofrute.com

 

 

 

 

 各地の情勢

 さて、それでは今回も始めていきましょうか。

 まずは伊勢のほうに浪人がいるようですので確認しておきます。すると……

f:id:raviede75:20200907095722p:plain

 おや、筒井の順慶君ではありませんか! それも、ピチピチの16歳。

 

 順慶はまだ 16だからー♪

 三好にさそわれてー♪

 鳥屋尾にさらわれてー♪

 

f:id:raviede75:20200907095735p:plain

 『今は忙しいゆえお引き取りを』

 

 ……。

 

 センチメンタルジャーニー♪

 ここが伊予であればいけたか。

 

f:id:raviede75:20200907095742p:plain

 そんな三好を尻目に、今度は武田家が出陣するようです。

 対するは上杉家。川中島の戦いのような感じになるのでしょうか。年代的にはギリギリ被っているかというところ。おそらく。

 

f:id:raviede75:20200907095750p:plain

 追いかけるように蘆名も参戦。

 武田と組むことによっての存続を意図してなのかもしれません。ここもしんどいはず。どれだけもつか。

 

f:id:raviede75:20200907095823p:plain

 今回は武田側が勝利します。

 ど真ん中から攻めていくとはなかなかやりますね。普通ならこれで指揮はぐんと落ちるはず。普通であれば。

 

f:id:raviede75:20200907095831p:plain

 念のため確認してみますと、やはり武田領が増えていますね。

 これにより上杉家が分断されてしまいました。これは武田ならずとも周辺国が上杉に対して優位となったのかもしれません。それでも、上杉謙信の戦闘力なら単騎で何とかしてしまうような、えもいわれぬ不安は拭いきれないわけですが。

 ここから持ち直すようなら、もはや寿命を待つしかない。

 

f:id:raviede75:20200907095856p:plain

  疫病の薬はしっかりと確保。備えあれば憂いなし、ですよね?

 

尾張国攻略戦

f:id:raviede75:20200907095910p:plain

 おや? 家康が来たようです。

 宣戦布告というわけではないようですが、果たして?

 

f:id:raviede75:20200907095918p:plain

 どうやら織田討伐を目論んでいる様子。

 今川も周辺国は北条、武田に織田となかなか過酷なエリアを治めているので、是が非でも織田を討ちたいのでしょう。

 もっとも我が三好も織田を警戒してはいますので、共闘も悪い話ではない。よって返事はイエス

 

f:id:raviede75:20200907095925p:plain

 しかし、肝心の伊勢国に精鋭がいないという不慮の事態。

 一応、現地にいた晴具を中心とした部隊で編成を試みます。なかなか厳しいかなとは思うものの、戦力にならないかといわれればそうでもなさそうな印象です。とりあえず、数はいる。

 

 さぁ信長のお手並み拝見といきましょうか。

f:id:raviede75:20200907095933p:plain

 敵の火計は家康が対処。この辺りはなんとも戦っぽい感じ。

 

f:id:raviede75:20200907095938p:plain

 鉄砲による攻撃が恐ろしいので、挑発は有効な手段なのでしょう。しかし、敵もさるもの普通に戦っても強いのなんの。

 

f:id:raviede75:20200907095944p:plain

  なんとか善戦し、結局信長にたどり着いた時には家康と我が軍から二人のみとなっておりました。

 はい。撤退しましょ。逃げるんじゃねーからなー。

 

 ということで、防衛されたところで今回は終了。次は籠城戦かな。

 

 まとめ

  そういえば、以前に筒井の方を通る機会があったのですが、『やきとり 順慶』というお店がありました。通過する際にちらりとみた程度ですが、地元の戦国大名にちなんだ名前を付けたのだろうと考えると、地元愛が感じられて良いですね。

 

 今回毛利家については一切の進退はなし。前線に戦力を集め始めてはいるのですが、倒しきるには少々足りぬ状態です。とりあえず奪還されないように守りを固めつつ機を待ちたい。

 

 

 

関連商品

筒井順慶 (シリーズ・実像に迫る019)

筒井順慶 (シリーズ・実像に迫る019)

  • 作者:金松誠
  • 発売日: 2019/02/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
筒井順慶とその一族

筒井順慶とその一族

 
筒井順慶

筒井順慶