軍師流手の書

もう一度、昔のようにゲームを楽しく遊ぶ為のブログ。当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

【デジモンX】 久し振りのデジモンは

 こんばんは、流手と申します。

 

 さてさて、前々から準備をしていたデジモンをようやく開始しました。手元にはあるものの始める踏ん切りがなかなか付かずでしたが、そろそろやろうかと思いまして。

 海外版のデジモンXというものですね。買ったときは妙に安くて怪しんでいたのですが、どうやら展開の影響で未だ現役? なのか安価で手に入るようです。

 ……最近また値段が変動して少しばかり高くなったような気がします。

 

 私が今プレイしているのはパープル & レッド。こちらは日本版ではデジモンXのブラックに対応しているようですね。調べていると、後発な分日本版の問題点の改善もされているとか。

 加え、デジモンXはブラックとかホワイトとか、X1とかX2とか……色々あるみたいですね。そういえば、海外版のほうが本体カラーは多いみたい。そもそも日本ではプレバン限定での発売らしいですね、デジモンって。道理で店頭で見ないわけだ。

 

 

 現在成熟期になりレオモンX。

 

 驚いたのは、スリープシステム。画面スリープですね。私がデジモンで遊んでいた当時はなかったと思うんですよ。一定時間触らないと画面が消えるやつですね。

 充電式ではなく電池交換式なので、電池をセーブできるのは非常にありがたい。交換頻度はなるべく抑えたいと思いますし。

 

 

 ボタンを押すと直ぐに再開可能。ストレスは感じません。

 

 また、スリープ違いですが、コールドスリープみたいな機能もありました。昔でいう時間止めなのかな。

 出掛けるときに進行を止めておけるので、これまた非常にありがたい。時計設定を毎回触るのも今ではきっと煩わしい。

 

 

 当時は友だちも遊んでいることが当たり前だったのですが、流石に現在はそうはいかず。しかし、そんな人のために一人モードも搭載されていました。

 CPUと戦って遊べ、戦績もカウントされるので進化も安心ですね。勝率やらが進化条件にあると思うんですよ。

 

 また、謎の食事アイテムもあるよう。食べると一人モード時のステータスに補正が掛かる感じかと思います。

 

 

 ちなみに、必殺技の際にはカットインも。攻撃アイコンも数種類あるようですよ。単に一つか二つかの違いではなくなっているようです。

 

 そういえば、ストックというのかデジモンを入れ替えできるようになっていたのでメイン一体とサブ二体と合計三体同時に育成できました。一人ジョグレスもできるような配慮というのか、でしょうね。

 ……あ、Xはジョグレスはないのでしたか。

 

 とりあえず、物凄く懐かし楽しいですね。快適です。強いて言うなら……電池かな。充電したい。

 最初の感想はそんな感じです。早速息子が興味津々なので、ひょっとしたら来週には……

 

 以上。