軍師流手の書

日々の簡単なゲームのプレイメモです。長い目で見守って頂ければ幸いです。

ミョルニル 開始

 こんばんは、流手と申します。

 

 「ミョルニル」が開始されましたね。まだ今一つ理解が出来ていませんがプレイしてみるとしましょう。

 

 えーっと、今日は防戦の日、ということですね。

 マップの上段に一人と下段に三人を配置し、「開かれし扉」を防衛するのが課題のようです。

 

f:id:raviede75:20191209234832p:plain

f:id:raviede75:20191209234838p:plain

 

 とりあえず、突入してしましょう。説明だけではどうもピンと来ない部分もありますし。

 

 一応、全員ボーナスキャラを選択しています。

 リーフ君がいますが、後衛にユンヌがいます。

 

 大がピアニー、エイル。

 小がユンヌ、ソティス。

 

f:id:raviede75:20191209234847p:plain

 

 一応、上級でも問題なくクリアできました。

 ……あれ? 思ったよりあっけない?

 

 敵のレベルが低いのか、ほとんどリーフ君や遠距離攻撃で瞬殺でき、敵のターンに敵の姿がない状態がほぼ続きます。

 スコアは714。

 

f:id:raviede75:20191209234918p:plain

f:id:raviede75:20191209234925p:plain

 

 一応編成を全員遠距離タイプの変更し、再戦してみました。

 

 しかし、困ったことにまたもやスコア714。

 これはおそらく高いスコアではないはず。では、何が査定を下げているのでしょう。

 フレンドダブルのように、属性撃破ボーナスがあるのでしょうか? しかし、全く同じ数値はおかしいですよね。

 となれば、ボーナス設備か、もしくは、神階英雄のボーナス大を4体編成出来ているかの差でしょうか? 限界突破+10ですので、自軍ステータスに比例し、敵のステータスもあがり、ポイントが高くなっている可能性があるかもしれません。

 

 さて、どうでしょうか?

 

 とりあえず、今日の感想としては、

 

 今回もリーフ君が大活躍でしたねー。ほんと、便利な子です。